» NPO法人 はままつ未来会議 (えぬぴーおーほうじん・はままつみらいかいぎ)|ふじのくに ささえるチカラ

NPO法人 はままつ未来会議 (えぬぴーおーほうじん・はままつみらいかいぎ)

ものづくりの街の文化を模型から刺激する
中心市街の観光地化で浜松ににぎわいを


えぬぴーおーほうじん・はままつみらいかいぎ

NPO法人 はままつ未来会議


理事長 内山 淳平(左)
プロモデラー 山田 卓司(右)


取材日:2012/12/7

ホンモノの模型作品を展示して文化的な観光資源に

 浜松市はものづくりの街と言われる。楽器、オートバイ、自動車などの名だたるメーカーが工場を構え、関連するメーカーも数多い。地域住民の多くは何らかのものづくりに携わっている。その、ものづくり精神を文化的な街づくりにつなげようと動いているのが、はままつ未来会議である。
 浜松駅前の商業施設内の一画に、はままつ未来会議が運営する「浜松ジオラマファクトリー」がある。模型文化の発信地とも言える施設だ。ここに常駐する山田卓司さんは模型好きで知らない人はいない伝説的なプロモデラー。静岡の地場産業である模型を文化的な側面から盛り上げることに一役買っている存在だ。その山田さんにスポットを当て浜松ジオラマファクトリーの設立に尽力したのが内山淳平さんである。
 ジオラマファクトリーには数々の山田さんの作品が並ぶ。ガンダム、エヴァンゲリオンといったテレビ番組から発生したコンテンツや、黒沢映画、外国のSF映画の1シーンを切り取ったジオラマなど、どの作品も見ごたえ十分だが、中でも人気なのは昭和の情景を現した一連の作品。交番前で泣いている子どもとそれをあやす警官、コタツに入ってテレビ番組で大笑いしている家族の風景。模型による表現の最高峰に位置する作品と言える。さらに、山田さんの作業場が併設されており、プロのテクニックを間近で見ることができる場になっている。また、全国の模型ファンのすそ野を広げようと、年に1回、ジオラマコンテストも開いている。
 はままつ未来会議が思い描くのは、近隣の文化施設と連携し観光地として、浜松市街地を活性化しようという構想である。ジオラマファクトリーはその足がかりとして着実に歩み始めている。


以下、インタビュー

1. 本物のわざ

ミュージアムではなくファクトリー
ものづくりの現場を見せることの意味

内山:浜松ジオラマファクトリーはジオラマ作品を数多く展示していますが、ミュージアムではなくファクトリーと名づけたところに意味があります。見るだけではなく、ものづくりをする場でもあるんです。
山田:私はこのジオラマファクトリーのアトリエで作品を作っています。一つのジオラマ作品を作り上げるのに1カ月ほどかかりますが、アトリエには外から覗くことができる小窓があるので、近隣の子どもたちがよく覗きにきますよ。浜松はものづくりの街らしく、プラモデルを作るモデラー達もたくさんいます。私も浜松生まれなので現在の浜松の中心市街地の停滞には心を痛めていますが、市街地の活性化に私のジオラマ作りが少しでも力になれるのであればうれしいことだと思っています。

2. 裾野を広げる

小学生からシニア世代まで参加するコンテスト

山田:2012年に第一回ジオラマコンテストを開催しました。最初はマニアックな趣味人たちの作品ばかり集まったらどうしようと思っていましたが、小学校2年生からシニア世代まで、幅広いジャンルの応募があって大成功でした。ジオラマファクトリーの展示を見て刺激を受けたといって、定年してから初めてジオラマ作品を作ったといって応募してきた例もありました。ものづくりの心を刺激して模型ファンのすそ野を拡大していければいいですね。

3. 観光資源をつなげる試み

市街地の他の文化施設との連携を模索
活性化のためには観光地化が有効

内山:はままつ未来会議は、そもそも浜松の中心市街地の活性化を目標にしています。活動が動き出した当初から、市街地にある文化施設をつなげて、文化施設を行き来する人の流れを作り出そうという発想で取り組んでいます。日本各地で衰退した街が復活した例は観光地化に成功したパターンしかないと思っています。それには浜松の地ならではの文化資源の活用が必須なんです。
 ジオラマファクトリーはその一つとして動き出していますが、一つだけでは展開に限りがあります。幸い近くには楽器博物館もありますし、最近では浜松餃子が全国的に知名度を高めていて、これを盛り上げる施設を作る構想もあります。浜松の地であればオートバイファンをうならせるようなバイクミュージアムを作ることも可能なはずです。この土地の潜在的な力を引き出せれば観光地化に道筋をつけられるでしょう。先は長いですが、まずはジオラマファクトリーをみんなに愛される文化拠点にしていきたいですね。


浜松ジオラマファクトリー

浜松市中区鍛冶町100-1 ザザシティ浜松 中央館3階 TEL 053-489-3725


NPO法人 はままつ未来会議 (えぬぴーおーほうじん・はままつみらいかいぎ)

- 略 歴 -

2010「山田卓司館(仮称)をつくる会」を発足。「はままつ未来会議」が始動
2011第3回アート・ルネッサンスinはままつで「山田卓司情景作品展」を開催
2012浜松ジオラマファクトリーを開設。第1回「浜松ジオラマグランプリ」開催


一覧に戻る(TOPへ)