» 大旅籠柏屋・一祥庵 (おおはたごかしばや・いっしょうあん)|ふじのくに ささえるチカラ

大旅籠柏屋・一祥庵 (おおはたごかしばや・いっしょうあん)

江戸時代の蔵で開かれるコンサート
気さくな女将が明るくプロデュース


おおはたごかしばや・いっしょうあん

大旅籠柏屋・一祥庵


女将 山内裕美


取材日:2013/2/19

ライブ、結婚式…惚れ込んだ古い建物を現代で活用する

 現在は歴史資料館となっている藤枝市岡部町に建つ大旅籠柏屋。築170年の風格のある建造物である。この中庭にある蔵はさらに古い年代に建ったとも言われている。市が所有するこの蔵でご主人と共に食事処「一祥庵」を営むのが女将の山内裕美さんだ。
 2000年の現在の柏屋開館時に、静岡市で料理店を開いていた岡部町出身の山内夫妻に声がかかり、まず裕美さんが建物を視察した。太い梁が際立つ架構、吹き抜けの高い天井、裕美さんは一目でこの蔵に魅了され、当時やや後ろ向きだったご主人を説得して開業を決めたという。その後、柏屋の館長から岡山・倉敷市の蔵コンサートの話を聞くと、建物の魅力を最大限に生かしたいと音楽コンサートの企画に乗り出した。2003年に第1回となるティーサロンコンサートを開催、出演者、観客双方から絶賛され、2005年からは「一祥庵の蔵コンサート」として恒例化した。
 この蔵コンサートでは、ジャンルや活動実績などの基準を作らず、アーティストを迎い入れる。アジア人初のデュークエリントン楽団の専属ピアニストとして知られる三上クニさんは蔵の空間を好み、自分で調べて打診してきたという。ニューヨーク在住ながら、隔年でジャズコンサートを開くようになった。
 古く風格のある建物で昔ながらの結婚式をあげようという結婚式プロジェクトも裕美さんの発案だ。柏屋の母屋で三々九度をあげ、一祥庵で披露宴をする。時代劇に出てくるようなシンプルで気軽さのある結婚式を街の人々はあたたかく見守る。準備をお手伝いしてくれる人もいて地域ぐるみの文化になってきた。
 一祥庵は、気さくな裕美さんを起点に古さと新しさを併せ持つ、文化の発信場所に育っている。


以下、インタビュー

1. はじまり

一目ぼれした蔵のムードと存在感
音響の良さはプロの音楽家も引き寄せる

 柏屋で食事処を開くとき、市の方から岡部出身の主人に声をかけていただいたんですが、当時は静岡市で料理店を開いていたので、主人としてはあまり乗り気ではありませんでした。ところが、見るだけ見ようとまず私がこの場所にやってきて、一目で気に入ってしまったんです。強引に始めて、最初のころは静岡の店と掛け持ちでしたが、結局こちら一本でやっていくことになりました。
 この素敵な空間を生かしたいと思って「一祥庵・蔵のコンサート」が始まりました。ここはムードがあるだけではなく、高い吹き抜けがあるせいか音響がとてもいいんです。演奏者は「返ってくる音がいい」と気に入ってくれています。
 お客さんも、近くで聴けると褒めてくれます。お気に入りの音楽ジャンルがある人も、生の音楽を聴きたいという人もいろいろな人が来てくれるようになりました。今では蔵のコンサートを月に1、2回開催しています。

2. 演奏のつながり

探さなくても現れるアーティストたち

 ここに来るアーティストは、自分でインターネットで調べたという人や、一祥庵で演奏したアーティストがアーティスト仲間を紹介するような形が多いです。映画「さや侍」に主演した俳優でミュージシャンの竹原ピストルさんは去年(2012年)、ここでコンサートを開いてくれましたが、それ以前にここでコンサートをした凪nagi(なぎ)さんのご紹介が縁になりました。すごく熱の入ったコンサートでした。知名度がある方が来ると遠くから岡部にまでファンが来てくれて、うれしいですね。

3. 結婚式プロジェクト

昔ながらのあたたかみのある結婚式
街のみんながにこやかに協力してくれる

「昔ながらの結婚式」は、私がテレビの時代劇を見ていて思いつきました。それは清水次郎長のドラマで、「さあ祝言あげよう」と号令がかかると、庶民の家でみんなが段取りして道具を持ち寄って始めてしまうんです。後で調べてみると、江戸時代までは庶民の結婚はそんな感じで、現在の格式にこだわったような結婚式は明治時代以降に主流になったことを知りました。豪華過ぎず、簡素過ぎず、そんな江戸の結婚式っていいなあと感じたんです。
 柏屋の母屋で三々九度式を行うだけなんですが、さすが文化財、厳かな雰囲気の中での儀式は格別です。その時、近隣の美容院の先生や、一祥庵に良く来る地元のアーティストやデザイナー、ライターの方々が昔の庶民のように手伝ってくれました。
 柏屋まで行列で練り歩いたときは、エプロン姿のおかあさんなどが沿道から「おめでとう」って声をかけてくれて、ほのぼのとあたたかい式になりました。後世に残したい、伝えていきたい文化だと思います。
                              (写真協力:ぱらぽん)


大旅籠柏屋・一祥庵

静岡県藤枝市岡部町岡部817 TEL 054-667-5215


大旅籠柏屋・一祥庵 (おおはたごかしばや・いっしょうあん)

- 略 歴 -

2000大旅籠柏屋が歴史民俗資料館として開館。一祥庵の営業開始
2003蔵の空間を利用したコンサートの第1回目を開催
2005「一祥庵蔵コンサート」として恒例化
2007結婚式プロジェクト第1号の挙式


一覧に戻る(TOPへ)