» 増田 健太朗(ますだ・けんたろう)|ふじのくに ささえるチカラ

増田 健太朗(ますだ・けんたろう)

美しい海と歴史薫る町を舞台に人々をつなぐ
観光地ならではの資源で地域の輝きを増す


ますだ・けんたろう

増田 健太朗


ビッグシャワー下田実行委員会 会長
株式会社タクト 代表取締役
伊豆・下田ノルディックウォーキング協会 会長


取材日:2011/12/ 9

「海洋浴」と歴史がキーワードのまちづくり

 伊豆の下田市を中心に3年ほど前から「海洋浴」という言葉が使われるようになった。下田で活発な観光事業を展開する増田健太朗さんによれば、海からの恵みを体に受けて歩いたりのんびりすることだという。
 医学の専門家に調査を依頼した結果、海洋浴による健康への効果が見つかった。海風が含むイオンやミネラルを皮膚や呼吸から吸収することで代謝を活発にし、美肌や心肺機能の改善効果が確認されたそうだ。増田さんは東京で暮らしていた時期があり、その頃発症した喘息が下田に戻ってから良くなったという。
 ビッグシャワー下田実行委員会は2008年、観光客を対象に「下田といえばなにか」というアンケートを収集した。下田には唐人お吉や龍馬ゆかりの史跡、なまこ壁の古い建造物が残る。幕末の歴史が薫る町並みと、美しい海。回答はこの2つが大半を占め、以後増田さんはこの2つを柱として観光地の文化を盛り上げるべく精力的に活動してきた。
 14年前からこの地で開催されてきた海辺の祭典・ビッグシャワーでは、露店を出した海岸で音楽コンサートなどを行ってきた。5年ほど前からこれに砂浜でのビーチヨガやノルディックウォーキングといった、海洋浴を楽しんでもらうためのプログラムを取り入れている。増田さんは観光協会と連携して活動する実行委員会の会長を務める傍ら、ノルディックウォーキング協会も立ちあげ、その代表も務めてきた。
 雇用促進による地域活性化の狙いから一昨年に設立した会社で、観光客に龍馬ゆかりの地をめぐるツアーも提供している。ビッグシャワーでの活動とともに、観光資源を活かした魅力的な町づくりに奔走する。





以下、インタビュー

1. 海洋浴の祭典 ビッグシャワー

「夏は終わらない!!」 を合言葉に
穏やかな海風のもとで開催されるイベント

 海水浴としての海はお盆までがピークです。下田は気候も温暖でまだまだ泳げるのに、もったいない。あと1ヶ月お客さんに楽しんでもらえる方法がないかと考えて思いついたのが、砂浜でのビッグシャワー開催でした。海洋浴という下田発の概念を打ちだしたのはその後です。
 吉佐美大浜海岸で海洋浴をしながら、ノルディックウォーキングやビーチヨガなどの体験プログラムに取り組んでいただくとともに、ビーチフラや音楽ライブを楽しんでいただいています。海と音楽をキーワードに、実行委員会で毎回出演するアーティストを募集してきました。これはコンテストでも競技でもなく、優劣を決めるものではありません。来場するお客様をどれだけ楽しませてくれるか、ということを考えています。毎年9月上旬の土・日に開催することで、お盆が過ぎても、下田の海を観光の舞台として活用できるようになりました。

2. 努力あっての下田の海

海洋浴を打ちだす上で切り離せないエコ活動

 このイベントと切っても切り離せないのがエコ活動ですね。これはビッグシャワーが始まる前から取り組んできた町の文化です。現在も定期的にビーチクリーンをしています。ビッグシャワー当日にもビーチクリーンキャンペーンのプログラムを入れ、今も美しい砂浜があるのは普段からそのための活動をしてきたから、というメッセージを込めています。清掃活動への参加はもちろん、割り箸は提供せず、マイ箸、マイカップを持参していただくなどゴミを出さない努力をしています。



3. 坂本龍馬を筆頭に企画したツアー

下田に残る歴史文化のPRのために
龍馬、ペリーゆかりの地をめぐるツアー企画

「下田は龍馬にとっても大きなターニングポイントになった土地だからよく調べてくれ」と、高知の龍馬記念館から、唐人お吉の菩提寺である宝福寺に連絡が来たのが5年前です。結果、下田に深く縁があったことがわかり、それを機に龍馬を通じたまちおこしも始まりました。僕はNPO設立も視野に入れつつまずは会社組織を立ちあげ、宝福寺をスタート地点に、龍馬やペリーなどのゆかりの地をめぐるツアーを提供しています。市外から来られた方に歴史の町・下田をアピールすることが目的ですが、まずは雇用を生み地域を活性化させるビジネスモデルにする。その後に会社が支援する形で、NPO活動にもつなげたいと思っています。
 僕が下田でやるべきことは通常の町づくりではなく「観光地域まちづくり」だと思っています。ビッグシャワーや歴史の町のPRを通じ、交流人口を増やして、町の活気を取り戻していきたいです。

.


下田市 <連絡先>TEL 0558-23-7577(株式会社タクト)


増田 健太朗(ますだ・けんたろう)

- 活動実績 -

2005ビッグシャワー下田実行委員会会長になる
海洋浴の祭典 ビッグシャワー開催
2006伊豆下田ノルディックウォーキング協会設立
2010株式会社タクト設立


一覧に戻る(TOPへ)