» みしま大通り商店街まつり実行委員会(みしまおおどおりしょうてんがいまつりじっこういいんかい)|ふじのくに ささえるチカラ

みしま大通り商店街まつり実行委員会(みしまおおどおりしょうてんがいまつりじっこういいんかい)

高校生たちの創作をコンテストで応援
街を元気にする三島ストリートギャラリー


みしまおおどおりしょうてんがいまつりじっこういいんかい

みしま大通り商店街まつり実行委員会


商店街ストリートギャラリー係 谷村和男:右
みしま街づくり株式会社 太田志津代:中 前原結花:左


取材日:2011.11.21

アートで商店街の活性化に成功。2012年には新しい仕掛けでスタート

 三島大通り商店街をギャラリーに見立てて、店舗一店一店のショーウィンドウにアーティストたちの作品を飾る。ユニークなアートストリート構想を1995年から実施したのが三島ストリートギャラリーだ。アーティストたちに作品発表の場を無償で提供しながら商店街の誘客を図る。どちらにもプラスになる斬新な方法は全国の注目を集め、商店街活性化の成功例として各地から視察団が訪れた。
 ストリートギャラリーはそれからいろいろな街で実施されるようになったが、先駆者である三島ではスタートから10年を経た2005年に一つの区切りを迎えた。ストリートギャラリーがなくなったわけではない。前年の2004年に始まっていた県東部高校生の美術作品を展示するイベントを「春のストリートギャラリー」と銘を打ち引き継いだのだ。「秋のストリートギャラリー」は、従来の商店街の店が持ち回りでオリジナルの企画を立てて開催するようになった。
 高校生の美術作品という柱を据えて展開した「春のストリートギャラリー」では、毎年斬新で多彩な作品が集まり、三島大通り商店街のショーウィンドウを飾る。学校単位で見学したり、出品者の家族や友人が店を訪ねてきたりと話題は広がり、5月5日を挟んで前後1週間の開催ウィーク中は三島大通りの雰囲気が変わる。しかし出品を依頼するのが学年末と重なることもあり、担当の先生が多忙を極めたり転任したりで、学校によって作品数が偏ってしまうという状況も出てきた。そんな問題をなくそうと2012年からはコンクール形式を導入。三島ストリートギャラリーに新しい価値を加えていこうという動きが商店街から出始めている。


以下、インタビュー

1. 三島ストリートギャラリーの成果

商店街を一つの美術館にしてみたら
街に賑わいが戻った

 1995年というと郊外に大型店舗ができ始め、古くから親しまれてきた商店街の人通りに翳りが見えてきた頃です。車でバーッと移動して買い物をするショッピング形態が出始めた頃で、三島大通り商店街でも頭を悩ませていました。
 三島きってのメインストリートの賑わいを取り戻したい、その仕掛けとして商店街をギャラリーにしようという構想が持ち上がったんです。三島大通り商店街は広小路から三嶋大社西までの間です。毎年春と秋の年2回、商店街まつりがあり歩行者天国になります。ストリートギャラリーには60~80店舗が参加してくれましたが、開催中の三島大通りは雰囲気がガラッと替わって新鮮でした。このイベントを聞きつけてわざわざ足を運んでくれるお客さんもいましたから集客効果はありましたね。2005年までの10年間それが続きましたが、2006年からは春と秋で、別の形態で開催するようになったんです。

2. 高校生の美術作品で展開

絵もオブジェもアニメも
多彩な作品が街を楽しくする

 春のストリートギャラリーに作品を出してくれるのは県東部の高校生ですが、今年(2011年)は420点ほど集まりました。それを選んで店とマッチングさせます。
 絵画や陶芸、デザイン画、書、切り絵や押し花、アニメのイラストなど、今どきの高校生らしいものも出てきます。牛の大きな張りぼての出品があった時には、トラックで生徒さんと一緒に2階のギャラリーに運び込みました。私たちも楽しかったですがお客様も楽しそうでしたね。

3. 中・長期構想でアーティスト育成

このストリートギャラリーから
アーティストの芽を育てたい

 もっと、出品することに意義を感じられるようにしたらどうか、それなら賞を設けようという意見が商店街から出て、2012年からはコンクール形式にしようということになりました。佐野美術館の学芸員など識者に審査してもらい賞を決定しますから、続けていくうちにステータスが出てくるのではないでしょうか。このストリートギャラリーが将来性のある若いアーティストの芽を育てる、そんな場所になっていったらいいなと考えています。
 出品される作品の質が上がれば出品する高校生の可能性を伸ばすことになります。それが評判となって三島の商店街を楽しんで歩いてもらえるようになれば、集客効果も上がるかもしれません。そういうことが、まだストリートギャラリーに参加していない店の参加を促す力になります。参加店舗が増えれば、ストリートギャラリーはもっと盛り上がります。こんなふうにいろいろな相乗効果が出てくるのではないかと期待しています。

.


みしま街づくり株式会社

静岡県三島市本町7-30 TEL 0559-76-0038


みしま大通り商店街まつり実行委員会(みしまおおどおりしょうてんがいまつりじっこういいんかい)

- 三島ストリートギャラリーの活動履歴 -

1995若手作家の作品によるストリートギャラリーを開始
2004静岡県東部の高校生による美術作品展スタート
200520回をもって開始時のストリートギャラリーの形態を一旦終了
2006高校生の美術作品展を「春のストリートギャラリー」として展開
2012コンクールの要素を取り入れた「春のストリートギャラリー」をスタート


一覧に戻る(TOPへ)